これだけは知っておきたい「美肌の秘訣」をご紹介。勘違いしがちなスキンケア一度見直しませんか?

美肌の秘訣

スキンケア

化粧水はコットンと手でつけるのではどちらが効果的?

更新日:

化粧水を付けるときは手?コットン?どちらがいいの?

化粧水を付けるとき、手で付ける派の人とコットン派の人がいます。

そもそも手で付けられるのに、わざわざコットンを使う必要性があるのでしょうか。

コットンを使うとすれば、コットンを買わなければならないので、実際どちらの方が良いのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。

実は、手でもコットンでもどちらでも良いんです。

ただ、それぞれのメリットデメリットがあるので、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。

手で付ける時のメリットデメリット

化粧水を手でつけるときのメリットは、肌への刺激が少ないということです。

手の温度により、浸透の効果を高めることもできます。

また、化粧水の量は、コットンの時と比べて少量で済むというのもメリットでしょう。

デメリットとしては、手だとどうしても均一に付けることができなくなります。

手でつけるときは、何回かに分けて部分的に付けていくなど、全体に付けられるように工夫しましょう。

化粧水を手でつけるときは、当たり前ですが、清潔な手で付けるようにしましょう。

また、目の周りはあまり力を入れないようにします。

コットンで付ける時のメリットデメリット

コットンを使う場合のメリットは、肌表面を整えることで、浸透がしやすく、均一に伸ばしやすいということです。

デメリットは、コットンの場合、付け方によっては刺激があるということ。

敏感肌の方などは、合わないこともあるかも知れないです。

化粧水をコットンで付ける場合は、摩擦が起こらないように、コットンに十分に化粧水を浸さなけらばなりません。

少な過ぎると、肌との間に摩擦が起きて、刺激が生じます。

このため、どうしても使う化粧水の量が増えてしまいます。

 

どちらを使うかは、お好みです。

自分が上手に使えると思った方や、こちらの方が肌に合っているというようなことで選んでみてはいかがでしょう。

どちらにしても、お肌に刺激を与えないようにするのが大事です。あくまで優しく化粧水を付けるようにしましょう。

-スキンケア

Copyright© 美肌の秘訣 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.