これだけは知っておきたい「美肌の秘訣」をご紹介。勘違いしがちなスキンケア一度見直しませんか?

美肌の秘訣

スキンケア

コットンの使い方

更新日:


皆さんは、美肌のためにコットンを使っているでしょうか?

化粧用のコットンを持っていない、使ったことがない・・・という方は滅多にいないと思います。

化粧水をつけたり、クレンジングに使ったり、マニキュアを落としたりするのにも使うので、誰しもが持ってるアイテムと言えます。

コットンは、化粧水をつけるときに絶対に必要というわけではありません。

ですが、ここでは、化粧水を手で付ける派の人でも、コットンを使いたくなってしまう使い方をいくつかご紹介したいと思います♪

コットンをもっと効果的に使うには?

一つは、少し大きめのコットンを使うということです。

大きめのものを使って、人差し指と小指で挟むようにして使うと、お肌に対してあたりが柔らかくなります。

そして、広い面でお肌に潤いを与えることができます。

化粧水を伸ばすときは、顔の丸みに沿って、円を描くように伸ばします。

化粧水の付いている面を肌にフィットさせるように当て、滑らせるように動かします。

もう一つの使い方は、2枚重ねて使うことです。

2枚重ねることで、よりソフトな感触になります。

さらに、表裏で4面使えるので、生え際や首、アゴの下、耳などに広げることができます。

残ったら、手の甲などにも付けておきましょう。

コットンで肌の乾燥がわかる?

コットンがすぐにケバ立って、繊維が肌についてしまう・・と思ったことはありませんか?

コットンの質が悪いと考えがちですが、これはコットンの品質よりも化粧水の量に問題があります。

お肌がそれだけ乾燥していて、コットンに含まれた化粧水がすぐに肌に吸収されてしまっているんです。

コットンのケバ立ちを感じたら、化粧水の量を多めにしてみましょう。

部分別コットンの上手な使い方

頬・額⇒肌にフィットさせるように当てます。擦りすぎないように下から上に押さえるように滑らせて行きます。

顔は丸みのあるもの。直線的に付けるのではなく、丸みに沿って円を描くようになじませるとムラなく付けられます。

鼻⇒鼻は出っ張っているので、隅々まで化粧水が届いていないことも。小鼻や鼻筋など、丁寧に付けていきます。

脂っぽいからといって、鼻に化粧水を付けないのは良くないです。

きちんと保湿することで、余分な皮脂が出てくるのを防ぎ、化粧水をきちんと付けることで、毛穴も引き締まります。

あご・口の周り・目元⇒意外と乾燥する部分です。たっぷりと化粧水を含ませたコットンを使って、ローションパックをしましょう。

メイクアイテムとしても使えるコットン

コットンは、スキンケアだけじゃなくて、メイクの時にも活躍します。

メイクブラシを持っていないという方は、コットンを使って色を乗せることもできます。

これは、旅行先などでも活用できますよね。

リキッドファンデーションの後、フェイスパウダーをコットンに含ませ、一度手でなじませてから、顔全体に広げます。

付け終わったら、何もついていないコットンで、余分な粉を払います。

また、化粧水をなじませるように持ったら、チークを取り、これも一度手でなじませて、少しずつ頬に置いていきます。

つけすぎてしまったチークをぼかすのにも、コットンが使えます。

コットンを半分に裂いて、裂け目のふわふわとした部分を重ねるようにして丸めます。

これで、簡易ブラシのようなものができます。

これで、余分なチークを取ります。

また、コットンを小さく持つことで、アイシャドウを広げたりもできますよ。

-スキンケア

Copyright© 美肌の秘訣 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.