これだけは知っておきたい「美肌の秘訣」をご紹介。勘違いしがちなスキンケア一度見直しませんか?

美肌の秘訣

クレンジング

美肌のためのクレンジング方法

更新日:

美肌の基本はクレンジング・洗顔といっても過言ではありません。

というか、逆に、よくわからないトラブルがある・・・という場合は、まずクレンジングや洗顔の方法を疑ってみると良いです。

クレンジングについては、間違った方法をとっていることが意外に多いんです。

自分のメイクに対してのクレンジングの方法をきちんと見直してみましょう。

 

あまりメイクしていないからクレンジングは要らない?

自分はナチュラルメイクだから、日焼け止めしかつけていないから、「クレンジングしなくても大丈夫」というのは間違いです。

ナチュラルメイクでも、時間が経つと空気中にあるホコリや皮脂などが肌の上に溜まっています。

ニキビやシミなどにならないように、メイク落としをした方が良いです。

日焼け止めも、洗顔料だけでは落とせないものもあります。

日焼け止めは、肌を乾燥させるので、きちんと落としましょう。

 

クレンジングにありがちな勘違い

 

クレンジング剤は負担がないよう少量でいい?

クレンジングは、肌に負担がかかるからと、少量で済ませていませんか?

量が少ないと、逆に摩擦で肌を傷めてしまいます。

お肌に刺激にならないよう滑りがよくなるくらいたっぷりの量を使いましょう。

 

メイクを落とすためにゴシゴシ洗う

クレンジング剤は、汚れを油になじませて乳化させて落とします。

力は必要ないので、こすらないように手早く伸ばしてなじませましょう。

クレンジングが終わった後も、タオルでゴシゴシと拭き取らないようにします。

水分は押さえるようにして拭き取ります。

肌を摩擦すると、シミなど色素沈着の原因になるので、注意しましょう。

 

クレンジングを長時間する

クレンジングは、長時間肌の上に乗せておくと、肌の潤いを奪ってしまいます。

メイクとなじんだら、すぐに洗い流しましょう。

クレンジング剤でパックしてもいけません。

洗い流すタイミングは、クレンジング剤がメイクとなじむ前は、手が少し引っかかるような感じがあるのですが、なじむとすっと軽くなります。

よく混ざり合うと手が軽くなるので、このタイミングで洗い流します。

 

自分のメイクに合ったクレンジング剤を選ぶ

ナチュラルメイクなのに、油性の重めのファンデやウオータープルーフのものも落とせるクレンジング剤を使う必要はありません。

クレンジング剤には、強度があるので、自分に合ったものを選びましょう。

ローションタイプ

ミネラルファンデーションなど軽いメイクを落とすのに使います。

乳液タイプ

BBクリームといった、オールインワンのものくらいを落とすことができます。

油系ジェル・クリームタイプ

リキッドファンデーションを落とすことができます。

オイルタイプ

油性のエマルジョンタイプのファンデ、ウォータープルーフの日焼け止め、アイライナー、マスカラなどです。

軽いクレンジング剤を使う場合は、目元のメイクなどは、専用のアイメイクアップリムーバーなどできちんと落としておきましょう。

-クレンジング

Copyright© 美肌の秘訣 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.