これだけは知っておきたい「美肌の秘訣」をご紹介。勘違いしがちなスキンケア一度見直しませんか?

美肌の秘訣

食べ物

肌に良い食べ物

投稿日:

肌に良い食べ物を連想すると、ビタミンなどが豊富な食べ物を想像しがちです。

ですが、1つの栄養素が肌に良いからといってそれだけたくさん摂れば良いというわけではないんです。

栄養素というのは単独で作用するものではないんです。

もう耳にタコかもしれませんが、いろんな栄養素をバランスよく摂取すること。

これがとても肌に(体に)重要なことです。

栄養のあるものをきちんと摂って肌をキレイにする・・・気の長い話に聞こえるかもしれませんが、案外直ぐに効果が出ます。

美肌に効果のある栄養素 ビタミンA

現代の食事からとても取りにくい栄養素としてビタミンAがあります。

普通の食事をしていると、かなり不足しています。

何に含まれているかというと、身近な食材ではニンジンです。

ニンジンならよく食べると思うかもしれないですが、毎日きちんと100g程度を食べているという方は少ないのではないでしょうか。

ビタミンAは、肌や粘膜を正常に保つために必要な栄養素です。

植物性の食べ物の中ではβカロチンとして存在していて、体の中でビタミンAとして働きます。

ニンジンのほかほうれん草といった緑黄色野菜に多く、レバーにもたくさん含まれています。

レバーには本当にたくさん含まれていて、焼き鳥の串に刺さっている小さなかたまり1個でも1日分としては多いくらいです。

ビタミンAは食材的には不足しがちですが、水溶性のビタミンと違ってこまめに補給する必要はないので、違う意味では摂りやすい栄養素です。

ビタミンAが豊富な食材ピックアップ

ぷま
ニンジン・ほうれん草・かぼちゃ・レバー・うなぎなど

美肌に効果のある栄養素 ビタミンC

水溶性のビタミンといえば、ビタミンCです。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けてくれる栄養素です。

レモン、赤パプリカ、ブロッコリー、いちご、キウイなどに多く含まれています。

じゃがいもなどにも含まれているので、食材的には摂りやすいのですが、水溶性なので摂りすぎると体外に排出されます。

そのため、少しずつこまめに摂るのが好ましいとされています。

ビタミンCが豊富な食材ピックアップ

ふわ
レモンなどかんきつ類・赤パプリカ・ブロッコリー・いちご・キウイなど

美肌に効果のある栄養素 たんぱく質

肌を作るために根本的な栄養素としてはたんぱく質があげられます。

ダイエットをしている人など、肉や魚などをカットしてしまうことが多いですが、たんぱく質も美肌のための大事な栄養素になります。

肉や魚に含まれていますが、卵や牛乳などの乳製品からも摂ることができます。

肉や魚を食べるときは、油を多く使うような調理ではなく、茹でる・焼くなどシンプルな調理法だと脂質の摂り過ぎを防ぐことができます。

たんぱく質が豊富な食材ピックアップ

ぷま
赤身肉・鶏むね、ささみ肉・イワシ・アジ・たまごなど

-食べ物

Copyright© 美肌の秘訣 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.