パックを使った美容法

パックは、顔に専用の化粧品を使って皮膜を作ったり、またはシートやコットン等を使った美顔法です。

パックには様々な目的がありますので、どういったお手入れをしたいかによって使い分けます。

パックの種類

保湿ケア

化粧水や美容液などと同じように、お肌に潤いを与えるためにやるパックがあります。

パックにはだいたい保湿成分が配合されています。

ですが、その種類などは製品によって様々です。

最近では、シワやたるみなどのケア、美白効果があるものなどのパックが揃っています。

保湿ケアのためのパックは、シートマスクやクリーム、ジェルタイプのパックがあります。

クリームやジェルなどの塗るパックには、乾いたら剥がすタイプのもの、洗い流すもの、そのまま付けたまま寝るというようなナイトパックなどがあります。

パックとなっている製品を買ってくるほかに、コットンを使って部分的にケアできるコットンパックもあります。

コットンに化粧水や美容液などを浸して、気になる部分に置きます。

角質ケア

肌の老廃物や余分な角質をやさしく除去するためのパックもあります。

肌の角質がきちんと剥がれていないと、感触もゴワゴワしたり、保湿成分の浸透が悪くなったりすることもあります。

定期的角質ケアを行なうことで、なめらかな肌に整える効果があります。

角質ケアのためのパックも、乾いたら剥がすタイプのものと、洗い流すタイプのものがあります。

パックの使い方

パックには、目的によって種類があるということがわかったと思います。

ただ、美肌になりたいからといって、適当に選ぶのではなくて、自分が必要なお手入れとして取り入れるようにしましょう。

せっかくお金や時間をかけて行うのですから、できるだけ効果的に使いたいですよね。

シートマスクやコットンパックは、シートやコットンが乾いてしまうまで放置すると、かえって肌が乾燥してしまう原因になることもあります。

貼ったまま寝るなど、長時間付けたままにする使い方はよくありません。

では、シートマスクやコットンパックはどのくらいやれば良いのでしょう?

化粧水を使ったコットンパックを短い時間やるくらいであれば、毎日行っても大丈夫です。

美容成分が染みこませてあるようなタイプのパックは、週に1~2回やれば十分です。

また、角質ケアするタイプのパックは、肌に負担になるので、使用頻度は週1回以下に抑えましょう。

パックをする効果的なタイミングは?

では、パックはいつやればいいのでしょう?

朝のメイク前にやっている人もいますが、できれば夜のリラックスタイムにやるのが望ましいです。

寝ている間の肌のターンオーバーをスムーズにするために使います。

また、パックを行ったあとには、必要なケアをしましょう。

パックが終わったあとそのままの状態にしていると、パックで潤いを与えたのに、お肌が乾燥してしまいます。

クリーム等を使って肌を整えましょう。

パックは、美容成分がたくさん含まれているので、日焼けしたあとや、肌が荒れているときなどにやりたくなります。

ですが、肌が敏感になっているときは、特別なお手入れは控えたほうが無難です。

ファンデーションの選び方

ふわ
ファンデってなんで塗るんだと思う?
ぷま
女性は肌を綺麗に見せたいから~~
ふわ
それもあるけど、紫外線や外から来る刺激などから保護していたり、トリートメントの機能もあるんだよ♪

 

美肌は女性の憧れ。

メイクの基礎であるファンデーションを美しく仕上げることで、見た目の美肌を手に入れることができます。

もちろん、土台である肌が美しいからこそのファンデーションの仕上がり。

ですが、今は、本当に進化したファンデーションがたくさんあります。

自分のお肌に合ったファンデーションを正しく選ぶことで、びっくりするくらいの美しいお肌を作ることが出来ます。

ファンデーションの種類

ルースタイプファンデーション

固まっていない粉のタイプのファンデーション。

油はほとんど使われていないか、全く使われていないミネラルファンデーションなどもこのタイプがあります。

脂浮きを抑えて、仕上がりは軽いです。

パウダーファンデーション

携帯に便利な固形の粉のファンデーション。

つけ心地が軽く手軽で、外出先でのお化粧直しに適しています。

エマルジョンファンデーション

固形でコンパクトに入っていますが、クリームのような質感です。

エモリエント効果が高くて水に強いもの、保湿材の配合されたものがあります。

乾燥肌の方のお化粧直しにも便利です。

クリームファンデーション

伸びがよく保湿材が配合されており、トリートメント効果が高いものが多いです。

フィット感が高くて化粧もちが良いのが特徴です。

リキッドファンデーション

水分が多く、伸びがよく瑞々しい仕上がりです。

さっぱりした感触で、肌にぴったりとフィットして崩れにくいです。

BBクリーム

もともとは、皮膚科でピーリングの後に使う肌の炎症を抑えて赤みをカバーする保護クリームのことです。

現在は、クリームっぽく、粉の量も少ない、潤い効果のあるファンデーションをBBクリームとして売られています。

オールインワンの機能があったり、下地として利用されています。

自分に合ったファンデーションをどう選ぶか?

上記のような基本的なファンデーションの種類はあるのですが、実際はもっとそれぞれのメーカーにより質感が異なります。

パウダーファンデーションと言っても、作り方の差から、リキッドファンデと近い仕上がりのもの。

リキッドファンデーションでもクリームに近い保湿力のあるもの。

など、様々です。

なので、どの商品を買うかということで言えば、その人それぞれの肌質の違いがあるので、ここで、あなたにはコレということはできません。

ただ、自分の生活にどんなファンデーションのタイプが合ってるか?というのはご紹介できます。

 

ぷま
とにかく時短がいいよ

ベースメイクに時間をかけたくない、ササッと終わらせたいという方は、オールインファンデーションやクッションファンデがおすすめ。

オールインワンファンデーションは、洗顔や化粧水の後にファンデ1本でOKというものです。

美容液やクリーム、下地、UVカットなどの効果があります。

これはジェルやクリームタイプなので、人によっては仕上げ用のパウダーが必要です。

クッションファンデは、リキッドタイプのファンデをクッションに染みこませたもので、化粧水も必要ないというものもあります。

スキンケアの後は、コレ1つでOKで、パウダーも要らないタイプが多いです。

どちらかというと、さっぱりとした仕上がりです。

 

ぷま
ベースメイクは簡単にしたいよー

とにかく手軽というのは、やはりパウダーファンデーションです。

リキッドやクリームのように手を汚さずに使えますし、携帯も便利で化粧直しにも使えます。

特徴としてはナチュラルな仕上がりになるので、フィット感や補正力を高めたいなら下地は必須です。

スキンケアの後に、日焼け止めや下地を使って、そのあとにパウダーファンデーションで仕上げます。

コンシーラーを使う場合は、パウダーファンデーションの前に使いましょう。

カバー力を上げようとして塗りすぎると、のっぺりとした肌になってしまうので、部分的に塗る厚さを変えます。

目元や口元、フェイスラインは薄く塗るようにしましょう。

 

ぷま
保湿がいちばん大事!

ファンデを塗ると肌が乾燥する。逆に塗らないほうがいいくらい。

という方は、美容成分や油分の多いクリームやエマルジョンタイプのファンデーションを使いましょう。

塗っている間にも栄養を与え続ける、また、肌の水分を逃がさないよう保護するというようなタイプのものです。

ただ、このようなファンデーションは、しっかりとクレンジングをしないと落ちにくいものもあります。

 

ぷま
お肌が敏感で・・・

もともと肌が敏感で・・・という方は、皮膚科などにご相談頂きたいですが、一時的に肌が敏感になる・・・というような方はミネラルファンデーションがおすすめ。

ミネラルファンデーションといっても、油分の含まれていないタイプのものです。

これは、ファンデーション自体が肌に優しいというよりは、クレンジングしなくても落とすことができるのでお肌に優しいと言えます。

クレンジングは、どうしても肌の皮脂膜を同時に洗い流してしまうため、肌の潤いを保っているものも流れてしまう可能性があります。

クレンジングしないお化粧のときは、下地や日焼け止めも石けんで落ちるタイプのものを選ぶようにすることを忘れずに。

ファンデーションの色選び

ファンデを選ぶときに悩むのが色選びだと思います。

首と顔の色に大きな違いが生じないように、耳の下からあごにかけて伸ばして色を確認してみるとよいでしょう。

手の甲に塗ってみただけでは、自分の顔の色とマッチしているかどうかはわかりません。

一般に、色白の人はピンク、色黒の人はオークル、中間色の人はナチュラルが良いと言われています。

ですが、オークルやナチュラルは時間の経過とともに皮脂とファンデーションが混ざり合って、くすんだ感じになることがあります。

そういう場合は、化粧直しにはピンクを使ってみるなどして何色か持っていても便利です。

シミやそばかすが気になる人は、自分の顔より一段暗い色でカバーすると目立ちにくくなります。

美肌のための美容液

ふわ
ぷま、美容液って知ってる?
ぷま
うん、あの高そうな、あの効きそうな化粧品
ふわ
そうそう・・・そんなかんじであやふやな知識で使ってるよね・・・
ぷま
・・・

美容液とは?

美容液って一体何ですか?と問われたら、明確に答えられますか?

でも、イメージはできますよね。

美容にいい成分がたくさん入っている
少量で高い
化粧水よりもトロッとしている
部分別に使うものもある

美容液には、こんなイメージがあるのではないでしょうか?

美容液は「化粧水よりもとろみがあり保湿機能とエモリエント機能をもつもの」と定義されています。

エモリエント機能とは、お肌を柔らかくすることです。

ですが、この成分がこのくらい入っていないと美容液ではないというような配合量の決まりがあるわけではありません。

なので、美容液の内容はメーカーによってまちまちです。

保湿機能とエモリエント機能のほかに、実際には、美白やお肌のハリをアップさせるなどの特徴的な効果を持たせたものになっています。

美容液は、基本となる成分を表しているわけではないので、見た目や質感が効能や効果によってまちまちになっています。

化粧水のようにさらっとしたものもあれば、クリームのようなものもあります。

 

美容液を使う効果的なタイミングとは?

美容液は、その内容によって得られる効果が違うので、メーカーや各商品によって、使うタイミングが違うことが多いです。

なので、買うときにはどのタイミングで使うのが効果が高いのか、必ず聞くようにしましょう。

基本的には、美容成分の浸透を高めるためには、化粧水の使用後に乳液やクリームの前に使うということが多いです。

また、化粧水の浸透を促す美容液は化粧水の前に使います。

美容オイルは、潤いを保つために使う場合は、全てのスキンケアの後に使うのが効果的。

では、美容液を何種類か使う場合は、どんな順番で使うといいのでしょうか。

それは、テクスチャーで判断してみると良いです。

さらっとしたものを先に使いとろみのあるものをあとに使います。

水分が多いものを先に使い、油分の多いものは後に使うと良いです。

手持ちの美容液を見てみて、化粧水に近いようなテクスチャーのものを先に使い、一番後に使うのはクリームタイプのものということになります。

 

美容液は化粧品の中で一番効果が高い化粧品なのか?

美容液と聞くと、美容効果に優れていて肌悩みに最も効果のある化粧品のような気がしてしまいます。

他のアイテムと比べて、一番効果が高いものなのでしょうか?

スキンケアの化粧品につける種類別の名前はメーカーが自由に付けることができます。

美容液は美容成分の配合量が決められているわけではないので、A社の美容液よりもB社の化粧水の方が美容成分がたくさん配合されているという場合もあります。

そのため、配合量などもチェックしてみる必要がありますが、全部の成分を見るのは大変です。

なので、自分が今必要としている悩み改善の成分だけでも内容量を確認してみてはいかがでしょう。

ふわ
美容液が必ず美容効果が高いというわけじゃないんだね!

 

間違った洗顔していませんか?

洗顔の基本

洗顔の基本は、よく泡立てて、泡で洗うということです。

指で直接肌をゴシゴシとこすっては肌を傷めてしまいます。

洗顔料は、これがベストというものがあるわけではなく、みんな同じものが合っているわけではありません。

洗顔石けんは何を基準に選んでいますか?

最近は、洗顔料は泡立ちが全てという風潮があって、泡立ちの良さで選ぶという人も多いと思います。

ですが、「泡立ちが良い=脱脂力も強い」という場合もあります。

肌が脂っぽいという人には良いですが、乾燥肌の人には、あまり向いているとは言えません。

配合されている保湿成分や油分なども考慮に入れて選ぶと良いですね。

洗顔料は洗い流してしまうものだから、保湿成分が入っていても意味がないんじゃないの?と思う人もいらっしゃるかもしれません。

ですが、成分によっては洗顔後の潤いを失いにくくするという調査結果もあります。

洗顔後保湿効果のある成分は、油分やセラミドなどです。
 

ふわ
自分の洗顔方法が合っているかチェックしてみましょう♪

洗顔法勘違いしていませんか?

 

水洗顔でも汚れは落ちる

「ぬるま湯で洗っただけで洗顔は十分」・・・というのは間違い。

朝なども、メイクしてるわけじゃないし、洗顔料を使わなくても大丈夫と思っていませんか?

寝ている間にも皮脂は分泌されますし、老廃物などで汚れています。

汗やホコリなどはぬるま湯で洗っただけでも落ちるのですが、皮脂汚れは落ちません。

皮脂汚れが残ったままだと、ニキビや、肌が老化してしまう原因になります。

また、余分な皮脂が肌に残ったままだと、スキンケアの浸透が悪くなります。

洗顔料や石けんに使われている界面活性剤が皮脂などの油を包み込み、水に洗い流すことで、皮脂汚れも取ることができます。

皮脂が取れすぎてしまうから、洗顔料を使わないというのではなくて、潤いを奪われすぎないような洗顔料を使って洗顔をしましょう。

 

汚れがよく落ちるからお湯で洗い流す

寒い朝などはもちろん、皮脂が落ちやすく感じるので、暖かいお湯で洗顔していませんか?

手で触ってぬるく感じるぬるま湯は、洗顔には適していません。

洗顔におすすめなのは、32~34度。

体温より低いので、手で触ると少し冷たく感じる温度です。

お風呂の温度は40度前後くらいで、このくらいの温度で洗顔してしまうと、必要なうるおい成分も洗い流してしまうことがあります。

お風呂に入っているとき、シャワーを使って洗顔している人も要注意です。

 

小鼻など脂っぽい部分はしっかりこすって洗う

鼻のまわりなどTゾーンは、もともと脂っぽい感じがあったり、毛穴が気になる場所なのでゴシゴシ洗いがちです。

ですが、洗顔は泡で洗うのが基本です。

汚れが気になっている部分も、泡を転がすように優しく洗いましょう。

 

固形石鹸は肌に優しい

石けんは肌に優しいイメージがありますよね。

ですが、石けん自体が界面活性剤の一種。

洗浄力は高いといえます。

なので、「石けん=肌に優しい」というのは正しい認識とは言えないんです。

 

 

石けんと洗顔フォームはどちらを選ぶべき?

洗顔フォームと石けんはどちらを使うべきなんでしょう。

これは、どちらがいいとは一概には言えません。

上でも書きましたが、石けん自体は界面活性剤の一種です。

洗浄力があり、肌にツッパリ感が出ることもあります。

石けんは、機械練りと枠練りという2種類のタイプがあり、枠練りの方が水分を多く含みしっとりとした洗い心地になります。

洗顔フォームは、いろんな界面活性剤が使えるので、弱酸性など肌にやさしいものを使った洗顔フォームもあります。

洗顔フォームには油分を多く使うことも出来るので、洗い上がりがしっとりしているものもあります。

美肌のためのクレンジング方法

美肌の基本はクレンジング・洗顔といっても過言ではありません。

というか、逆に、よくわからないトラブルがある・・・という場合は、まずクレンジングや洗顔の方法を疑ってみると良いです。

クレンジングについては、間違った方法をとっていることが意外に多いんです。

自分のメイクに対してのクレンジングの方法をきちんと見直してみましょう。

 

あまりメイクしていないからクレンジングは要らない?

自分はナチュラルメイクだから、日焼け止めしかつけていないから、「クレンジングしなくても大丈夫」というのは間違いです。

ナチュラルメイクでも、時間が経つと空気中にあるホコリや皮脂などが肌の上に溜まっています。

ニキビやシミなどにならないように、メイク落としをした方が良いです。

日焼け止めも、洗顔料だけでは落とせないものもあります。

日焼け止めは、肌を乾燥させるので、きちんと落としましょう。

 

クレンジングにありがちな勘違い

 

クレンジング剤は負担がないよう少量でいい?

クレンジングは、肌に負担がかかるからと、少量で済ませていませんか?

量が少ないと、逆に摩擦で肌を傷めてしまいます。

お肌に刺激にならないよう滑りがよくなるくらいたっぷりの量を使いましょう。

 

メイクを落とすためにゴシゴシ洗う

クレンジング剤は、汚れを油になじませて乳化させて落とします。

力は必要ないので、こすらないように手早く伸ばしてなじませましょう。

クレンジングが終わった後も、タオルでゴシゴシと拭き取らないようにします。

水分は押さえるようにして拭き取ります。

肌を摩擦すると、シミなど色素沈着の原因になるので、注意しましょう。

 

クレンジングを長時間する

クレンジングは、長時間肌の上に乗せておくと、肌の潤いを奪ってしまいます。

メイクとなじんだら、すぐに洗い流しましょう。

クレンジング剤でパックしてもいけません。

洗い流すタイミングは、クレンジング剤がメイクとなじむ前は、手が少し引っかかるような感じがあるのですが、なじむとすっと軽くなります。

よく混ざり合うと手が軽くなるので、このタイミングで洗い流します。

 

自分のメイクに合ったクレンジング剤を選ぶ

ナチュラルメイクなのに、油性の重めのファンデやウオータープルーフのものも落とせるクレンジング剤を使う必要はありません。

クレンジング剤には、強度があるので、自分に合ったものを選びましょう。

ローションタイプ

ミネラルファンデーションなど軽いメイクを落とすのに使います。

乳液タイプ

BBクリームといった、オールインワンのものくらいを落とすことができます。

油系ジェル・クリームタイプ

リキッドファンデーションを落とすことができます。

オイルタイプ

油性のエマルジョンタイプのファンデ、ウォータープルーフの日焼け止め、アイライナー、マスカラなどです。

軽いクレンジング剤を使う場合は、目元のメイクなどは、専用のアイメイクアップリムーバーなどできちんと落としておきましょう。

コットンの使い方

皆さんは、美肌のためにコットンを使っているでしょうか?

化粧用のコットンを持っていない、使ったことがない・・・という方は滅多にいないと思います。

化粧水をつけたり、クレンジングに使ったり、マニキュアを落としたりするのにも使うので、誰しもが持ってるアイテムと言えます。

コットンは、化粧水をつけるときに絶対に必要というわけではありません。

ですが、ここでは、化粧水を手で付ける派の人でも、コットンを使いたくなってしまう使い方をいくつかご紹介したいと思います♪

コットンをもっと効果的に使うには?

一つは、少し大きめのコットンを使うということです。

大きめのものを使って、人差し指と小指で挟むようにして使うと、お肌に対してあたりが柔らかくなります。

そして、広い面でお肌に潤いを与えることができます。

化粧水を伸ばすときは、顔の丸みに沿って、円を描くように伸ばします。

化粧水の付いている面を肌にフィットさせるように当て、滑らせるように動かします。

もう一つの使い方は、2枚重ねて使うことです。

2枚重ねることで、よりソフトな感触になります。

さらに、表裏で4面使えるので、生え際や首、アゴの下、耳などに広げることができます。

残ったら、手の甲などにも付けておきましょう。

コットンで肌の乾燥がわかる?

コットンがすぐにケバ立って、繊維が肌についてしまう・・と思ったことはありませんか?

コットンの質が悪いと考えがちですが、これはコットンの品質よりも化粧水の量に問題があります。

お肌がそれだけ乾燥していて、コットンに含まれた化粧水がすぐに肌に吸収されてしまっているんです。

コットンのケバ立ちを感じたら、化粧水の量を多めにしてみましょう。

部分別コットンの上手な使い方

頬・額⇒肌にフィットさせるように当てます。擦りすぎないように下から上に押さえるように滑らせて行きます。

顔は丸みのあるもの。直線的に付けるのではなく、丸みに沿って円を描くようになじませるとムラなく付けられます。

鼻⇒鼻は出っ張っているので、隅々まで化粧水が届いていないことも。小鼻や鼻筋など、丁寧に付けていきます。

脂っぽいからといって、鼻に化粧水を付けないのは良くないです。

きちんと保湿することで、余分な皮脂が出てくるのを防ぎ、化粧水をきちんと付けることで、毛穴も引き締まります。

あご・口の周り・目元⇒意外と乾燥する部分です。たっぷりと化粧水を含ませたコットンを使って、ローションパックをしましょう。

メイクアイテムとしても使えるコットン

コットンは、スキンケアだけじゃなくて、メイクの時にも活躍します。

メイクブラシを持っていないという方は、コットンを使って色を乗せることもできます。

これは、旅行先などでも活用できますよね。

リキッドファンデーションの後、フェイスパウダーをコットンに含ませ、一度手でなじませてから、顔全体に広げます。

付け終わったら、何もついていないコットンで、余分な粉を払います。

また、化粧水をなじませるように持ったら、チークを取り、これも一度手でなじませて、少しずつ頬に置いていきます。

つけすぎてしまったチークをぼかすのにも、コットンが使えます。

コットンを半分に裂いて、裂け目のふわふわとした部分を重ねるようにして丸めます。

これで、簡易ブラシのようなものができます。

これで、余分なチークを取ります。

また、コットンを小さく持つことで、アイシャドウを広げたりもできますよ。

化粧水はコットンと手でつけるのではどちらが効果的?

化粧水を付けるときは手?コットン?どちらがいいの?

化粧水を付けるとき、手で付ける派の人とコットン派の人がいます。

そもそも手で付けられるのに、わざわざコットンを使う必要性があるのでしょうか。

コットンを使うとすれば、コットンを買わなければならないので、実際どちらの方が良いのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。

実は、手でもコットンでもどちらでも良いんです。

ただ、それぞれのメリットデメリットがあるので、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。

手で付ける時のメリットデメリット

化粧水を手でつけるときのメリットは、肌への刺激が少ないということです。

手の温度により、浸透の効果を高めることもできます。

また、化粧水の量は、コットンの時と比べて少量で済むというのもメリットでしょう。

デメリットとしては、手だとどうしても均一に付けることができなくなります。

手でつけるときは、何回かに分けて部分的に付けていくなど、全体に付けられるように工夫しましょう。

化粧水を手でつけるときは、当たり前ですが、清潔な手で付けるようにしましょう。

また、目の周りはあまり力を入れないようにします。

コットンで付ける時のメリットデメリット

コットンを使う場合のメリットは、肌表面を整えることで、浸透がしやすく、均一に伸ばしやすいということです。

デメリットは、コットンの場合、付け方によっては刺激があるということ。

敏感肌の方などは、合わないこともあるかも知れないです。

化粧水をコットンで付ける場合は、摩擦が起こらないように、コットンに十分に化粧水を浸さなけらばなりません。

少な過ぎると、肌との間に摩擦が起きて、刺激が生じます。

このため、どうしても使う化粧水の量が増えてしまいます。

 

どちらを使うかは、お好みです。

自分が上手に使えると思った方や、こちらの方が肌に合っているというようなことで選んでみてはいかがでしょう。

どちらにしても、お肌に刺激を与えないようにするのが大事です。あくまで優しく化粧水を付けるようにしましょう。

スキンケアの効果的な順番

基礎化粧品は、洗顔料、化粧水、乳液・クリーム、美容液などがありますよね。

使う順番は、その化粧品のメーカーによって違います。

化粧品の最大の効果を発揮するような順番になっているので、使用手順書などを見て使うようにしましょう。

いろんなメーカーのものを使っている場合など、どんな順番で使えば効果的なのかよくわからないという方のために、基本的な順番をご紹介します。

化粧品を使う順番(基本)

このような順番で使えばだいたいは間違いないと思います。

一番上の洗顔やクレンジングは取り去るというお手入れ。

汚れやメイクなどを取り除きます。

次にお肌を育てる上で必要な水分や美容成分などを与えるのが化粧水や乳液です。

フェイスマスクやマッサージ、美容液を使うタイミングは、これの前になることが多いです。

お肌を守るためのクリームや、日中使うUVカット剤、化粧下地などが最後です。

美容液がたくさんある場合

美容液を何種類か使っている場合は、どの順番に使えば良いでしょうか?

迷うときは、そのテクスチャーを見てみましょう。

サラッとしたものがあればそれを先に使い、とろみがあるものの方をあとに使います。

化粧水のようなもの→ジェルのようなもの→クリームっぽいもの

というような感じですね。

美容オイルはいつ使う?

美容オイルを買ってみたけど、これは一体どのタイミングで使うんだろう?って悩んだことはないですか?

美容オイルは、実はどのような効果を狙うかによって使うタイミングが違います。

美容効果を高めるために使う場合は、化粧水のあとに使います。

お肌を柔軟にしたい時は、洗顔後すぐ。

潤いを守るため、水分を閉じ込めるためには、スキンケアの最後に使うのが正解。

せっかく買ったスキンケア化粧品なので、効果が高まる最善の順番で使いましょう。

美肌になるための化粧水のつけ方

化粧水とは?

美肌を手にいれるために大事なことは、毎日の小さな努力の積み重ねですよね。

ほとんどの人は、スキンケアの第一のステップとして、化粧水を思い浮かべると思います。

化粧水はどんな成分からできているか考えたことはあるでしょうか。

化粧水のほとんどの成分は”水”です。

その他は、水に溶ける保湿剤やアルコールなど。

その他に、他の商品との差別化を図るために美白成分やニキビに効果のあるもの、シワを改善するための成分などが配合されているものもあります。

化粧水にも種類があり、使い分ける必要があります。

 

ぷま
化粧水の種類はこんなのがあるよ

柔軟化粧水(一般的な化粧水)

保湿成分が角質に水分を与えることで、お肌を柔らかくして、潤いを与えます。

それにより、肌がなめらかになりしっとりとします。

収れん化粧水

角層に水分や保湿成分を補うとともに、アルコールの配合量を多くしてさっぱりとした使い心地になっています。

脂性の肌の人や、Tゾーンなどの部分使いすることで毛穴の引き締めの作用があり、皮脂の分泌を抑えたり、化粧崩れを防ぐことができます。

ふきとり化粧水

クレンジングなどで化粧を落としたあとにお肌に残った油分や軽いメイクを落とす化粧水。
余分な角質を取るために使ったりします。

化粧水の効果的な付け方

化粧水は、すごくたくさん使えば良いという考え方もありますが、そもそも薄い角層に吸収される量には限界があります。

なので、必要以上に重ね付けする必要は本当は無いのです。

化粧水は透明なので、意外と隅々まで行き渡っていない可能性があります。

とくに手で付けている場合はムラになりやすいので、部分ごとに分けて付けるなど、工夫してみましょう。

乾燥が気になる部分は、少量を重ね付けします。

また、化粧水を付けた後、浸透させたほうが良いという考え方もあります。

ですが、化粧水を付けると時間とともに水分が蒸発してしまうので、すぐに乳液やクリームなど油分があるもので蓋をしましょう。

美肌と睡眠の関係

ふわ
ぷまが、「綺麗な肌になりたい」と思ったときらどんなことを思い浮かべる?
ぷま
エステに行く!

 

ふわ
だよね!他には?
ぷま
高い美容液でしょ、高いサプリでしょ、高い食材かな

 

ふわ
そうね!高い・・・かどうかは別として、食べ物は大事だよね
ぷま
お金がかからない美肌法ってないのかな?

 

ふわ
あるよ♪ここは、そんなお金のかからない美肌法のお話し!

 

実は美肌への早道は、「睡眠」と言われています。

睡眠が美肌とどんな関係なのか、ご紹介していくことにします。

 

睡眠と美肌の関係

眠り始めてからの3時間の深い眠りは、成長ホルモンが分泌され、食事などでとった栄養を吸収して、細胞が活性化します。

睡眠不足だと体調が悪いと思うのは、寝ている間にカラダが修復されきってないからなんです。

寝ている間に、成長ホルモンによって栄養が吸収されることで修復されます。

お肌も同じで、この成長ホルモンがちゃんと分泌されないと、一日受けたダメージを修復しきれないということになるんです。

以前はよく、10時から2時がお肌のゴールデンタイムと言われていました。

これは10時から2時の間に成長ホルモンが活発になると言われていたからです。

ですが、今は眠り始めてから3時間くらい経ったら成長ホルモンが活発に分泌されるということがわかってきました。

ですから、少しくらい寝る時間が遅くても、熟睡できれば、お肌の健康を保てるということです。

熟睡するためには

では、熟睡するためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

それは、寝る前に神経を興奮させるようなことをしないということです。

寝る直前まで、ドキドキハラハラするようなテレビを観たり、カフェインをとったりすることです。

案外それほど気にならなくても過激な内容のテレビを観ていたりすることもあります。

カフェインは、コーヒーだけではなく、お茶や栄養ドリンク、コーラなどにも含まれています。

夜中に何度も起きてしまうというような人は、一度確認してみましょう。

携帯をずっと見ていたり、明るい明かりを浴びていたりすることも、睡眠を安定させるメラトニンが出なくなることがあるので、注意しましょう。

寝る前の30分くらいは、暖色系の灯りにして、明るさも落としておくと自然と眠くなります。

また、寝ている間も真っ暗な方が熟睡できます。

周りが明るいという人は、アイマスク等を使ってみましょう。

 

質の良い睡眠

睡眠の質を上げるにはいくつかのポイントがあります。

一つは寝ている場所の環境を見直すということです。

睡眠には、温度は25度前後、湿度は50%くらいが適していると言われています。

昔から言われていることですが、頭のあたりは涼しく、足元は暖かくすると良いでしょう。

これにより血管が拡張し、体温が下がることで快適な睡眠に入ることができます。

寝る前の30分は何をして過ごしていますか?

直前までスマホ等を見ていると、神経が興奮してなかなか眠りに付けなかったりします。

パソコンやテレビも同じです。

寝る30分くらい前から、部屋を少し暗くして、豆電球くらいの明るさにしておくと、眠りやすくなります。

また、寝る前に飲むものはホットミルクがおすすめ。

牛乳に含まれるカルシウムがストレスを和らげる効果があります。

眠りが浅い、なかなか眠りにつけないという方は、カフェインやアルコールを摂っているということはないですか?

アルコールは眠りにつきやすいと思っている方も多いかもしれませんが、寝付きは良くなったとしても、利尿作用があったり、途中で起きてしまい、ぐっすりと眠れるというものではありません。

カフェインについては、コーヒーや栄養ドリンクは飲んでいないから大丈夫と思っていても、お茶やコーラなどにも含まれているので注意です。

ぐっすり眠ることができないと、ホルモンバランスが乱れたり、ストレスが溜まったりと、美容の面にも影響を及ぼします。

肌荒れなどが気になったり、朝起きてもすっきりしないという方は、生活を見直してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ふわ
少し寝るのが遅くなっても熟睡することが大事
  • 寝てから3時間くらい経った時がお肌のゴールデンタイム。

 

ふわ
熟睡するためには寝る前に神経を興奮させない
  • 寝る前は部屋を暗くしてスムーズな睡眠を促そう。
  • 寝る直前までスマホやテレビも良くない。

 

ふわ
美容には質の良い睡眠が必要
  • 寝ていても疲れが取れない浅い眠りでは、美肌にはなれません。
  • 環境が睡眠に適しているかみなおしてみよう。
  • アルコールは一時的に眠くなっても、質の良い睡眠にはつながりません。